2009/3/23
アイエヌジー生命一時払変額年金保険を販売停止
アイエヌジー生命が一時払変額年金「アイエヌジースマートデザイン55」と「アイエヌジースマートポケット」を3月末で販売停止としました。
2009/3/4
アメリカ政府アリコ・AIAの優先株取得
米連邦準備理事会(FRB)は、米保険大手アメリカン・インターナショナル・グループに対する追加支援の一環として、FRBは、AIG子会社の生保アリコ(アメリカン・ライフ・インシュアランス・カンパニー)とアメリカン・インターナショナル・アシュアランス(AIA)の優先株を取得、その見返りに600億ドルの融資枠を削減する。
2009/1/16
保険代理店、手数料を不正取得
経営破綻した信和総合リース(東京・千代田)の複数のグループ代理店が、アクサ生命や三井住友海上きらめき生命などから販売手数料を不正に取得していたことがわかった。取得した手数料は少なくとも数十億円規模になるとみられる。金融庁も生保2社から不正契約の報告を受け、調査に乗り出している。
2008/10/31
AIGスター生命・AIGエジソン生命合併延期
米保険最大手AIGは、来年1月1日に予定していたAIGスター生命保険とAIGエジソン生命保険両社の合併を4月1日以降に延期すると発表した。AIGはスター生命、エジソン生命を一括での売却を希望しており、合併の可能性は今後も残っている。
2008/10/10
大和生命破綻
大和生命は10月10日に、会社更生特例法の適用を東京地方裁判所に申請した。
負債総額は2,695億600万円。生保の破綻(はたん)は01年の東京生命保険(現T&Dフィナンシャル生命保険)以来7年ぶりで戦後8社目
2008/9/20
国内AIG子会社生損保5社共同で広告掲載
金融持ち株会社であるAIG(アメリカン・インターナショナル・グループ)の経営不安を受け、AIUやアリコジャパンなど国内で営業しているAIG傘下生損保5社が、共同広告にて5社の財務内容や支払能力に問題がないことをアピールした。
2008/8/19
かんぽ生命特約還付金を少なく支払い
かんぽ生命保険は19日、プログラムの誤りによって、一部の簡易生命保険契約について特約還付金額を少なく支払っていたことが判明したと発表した。
2008/7/4
生命保険会社10社に業務改善命令
給付金不払い問題で金融監督庁より国内生保および外資系生保(計10社)に業務改善命令がでました。
2008/5/18
ライフネット生命営業開始
インターネットを主要販売チャネルとした生命保険会社、ライフネット生命が営業を開始いたしました。
2008/4/7
SBIアクサ生命営業開始
SBIホールディングス株式会社とアクサ ジャパン ホールディング株式会社、ソフトバンク株式会社の共同出資によるインターネット専業の生命保険会社SBIアクサ生命が営業を開始いたしました。