生命保険の通販・資料請求サイト

生命保険の基本形

 生命保険には、3つの基本形があります。
 現在、たくさんの生命保険商品が販売されていますが、ほとんどの生命保険は、その基本形の単体もしくは組み合わせでできています。

定期保険

 保険期間は一定で、その間に死亡した場合のみ死亡保険金が受け取れます。
 大きな保障が必要な期間に割安な保険料で保障を用意する場合に利用されます。
定期保険保障図
  • 一定期間の死亡保障を目的としたものです。
  • 満期保険金はありません。
  • 貯蓄性がほとんどない分保険料は割安となっています。

終身保険

 終身(一生涯)保障・貯蓄性もある保険です。
  お葬式代の確保や退職後の生活費補填などにも利用できます。
終身保険保障図
  • 死亡保障は一生涯続きます。
  • 途中で解約された場合、解約返戻金があります。
  • 終身保障で解約返戻金がある分、定期保険より保険料は割高となります。

養老保険

 一定期間の死亡保障と貯蓄性をあわせもった保険です。
  保障を確保しながら貯蓄する目的で利用されます。
養老保険保障図
  • 一定期間の死亡保障があります。
  • 満期保険金があります。
  • 死亡保障と同額の満期保険金があるため、終身保険よりも割高な保険料となります。