生命保険の通販・資料請求サイト

ライフサイクル別生命保険選択ポイント

 生命保険をご検討いただく際は、ご加入者の現状やニーズにより最適な保険が違ってきます。
 例えば、ご自身の死亡保障を目的に生命保険に加入する場合、どのくらいの保障額に設定するかはご自身の現状によって違ってきます。一般的には死亡時の必要保障額を参考に保障額は設定されます。
 また、必要となる保障の種類や期間についてもご自身の現状やニーズによって変わってきます。
 そこで、必要となる保険の内容について、ライフステージ別に一般的な状況を確認し、参考にしましょう。

就職から独身時代

 親・兄弟の面倒を見なければならない特別な事情が無ければ、死亡の保障については多額な保障はいりません。
  独立した生活を送っている場合には、病気やケガでの入院に備えて健康なうちに保障を用意しておきましょう。
  • お手軽な保険料で、万が一の整理資金を準備する
  • 将来への備えと万が一の整理資金を準備する
  • 健康なうちに基本となる一生涯の入院保障を用意する
お勧めの保険

結婚

 守るべき家族ができ、責任が増えた分だけ、必要保障額も増える時期です。
専業主婦であれば、ご主人に万が一のときに奥様が再就職できるまでの生活費が必要となります。
  奥様が結婚前からの仕事を継続する場合では、独身時代とほぼ同等となります。
  どちらにしても、お子様が生まれるまでは 高額な保障は必要ありません
  • お手軽な保険料で、万が一のご家族の保障を準備する
  • 将来への備えと万が一の整理資金を準備する
  • 健康なうちに基本となる一生涯の入院保障を用意する
お勧めの保険

お子さまの誕生

 お子様の誕生により、一家の大黒柱の責任が増えた分、必要となる保障額、保障内容も変わってきます。
  お子様が独立する前に、親御様が亡くなってしまった場合の保障です。親御様が亡くなってしまったために、経済的な理由でお子様が進学をあきらめねばならないようなことがないよう加入している保険の 死亡保障額の確保が必要です。
 万が一がなかった場合にも、大切なお子様がご自身の夢に向かって進めるようしっかりとした準備が必要です。
  • お手軽な保険料で、万が一のご家族の保障を準備する
  • お子さまの教育費を蓄える
  • 一生涯の入院保障を用意する
お勧めの保険

お子さまの独立

 お子様が独立されると、それまでかかっていた教育費が無くなるとともに万が一のときの責任も減ってきます。
  万が一のときの保障から今後ご夫婦で過ごされる老後に向けて生きるリスクに対する準備が必要になってきます。
  • 一生涯の入院保障を用意する
  • 将来への備えを準備する
  • 一生涯の死亡保障を用意する
お勧めの保険