生命保険の通販・資料請求サイト

死亡時の必要保障額

 死亡に対する備えとは、主にご自身がなくなったときの以後の遺族に対する経済支援と考えられます。

自分と遺族との経済的関係によって、必要な保障額が変わってきます。

 例えば、ご自身が独身で独立した生活を送っている場合と、ご結婚してお子様も小さく、ご自身がご家族の生計を担っている場合では、おのずとお亡くなりになった時の遺族に残すべき保障が違ってきます。

時の経過とともに必要となる保障額も変わってきます

 まずは、今現在の必要保障額と将来予想される必要保障額を把握する必要があります。
 必要となる保障額は、いつ時点でいくらくらいなのか把握することにより、その金額をカバーできる保障額・保障期間を決めましょう。

ライフステージにともなって変化する必要保障額(例)

必要保障額推移図

必要保障額の算出方法

 死亡時の遺族保障に必要な金額の計算は、残された遺族がその後将来にわたって支出する金額(生活費・住宅費・教育費など)の累計額から妻が将来にわたって取得する収入(給与・公的年金など)の累計額を差し引いた金額になります。
必要保障額計算式

必要保障額を大きく変えるライフステージ上のイベント